スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かけがえのない40分ー後編

なんとかベッドまで案内できたまではいいが、何もかもが初めてのことで一体どうしたらいいのか
分からず、ただ立ち尽くすだけであった。

「はいはい、ではそこに寝てくださいね。」

言われたとおりに寝ることに。

「はい、今から始めますよ。」

背中に指の力がかかる。

しかしこれが意外と気持ちよかった。

緊張はいつしか快楽へと変わっていった。

ここで世間話が始まる。

「松山は初めてですか?」

「いいえ、違います。」

「そうですか。でもここまで来るの大変だったでしょ。」

「まぁ、はい、」

「昼頃から電車に乗ってた人達は雷のせいで電車が止まったそうよ。大変だったわねえ。ふふ。」

「そうだったんですか。」

まだ緊張が残っていたのか、返事もどこかぎこちない。


「もう晩御飯は食べたの?」

「いや、まだです。」

「そりゃいけない、これが終わったらちゃんと食べるのよ。」


私はその言葉に愛を感じた。

なぜか懐かしく感じるのはなぜだろうか・・・・


そうだ。祖母だ。

私は10年前に他界した祖母を思い出した。亡くなるときには脳梗塞で完全に意識を失っていたが、もし今も元気だったらこんな会話をしていたのだろうか。

「もうね、私くらい歳をとったらほとんど食べなくなるわ。あまり食べすぎてもダメだしね。」

「そうですか」

相変わらずそっけない返事をしていたが、私は確かに感じていた。

そこには愛があったのだ。

時折痛くなる右肩も「よくなるから我慢してね」と力強く押してくれた。

それも紛れもない愛であった。

祖母が私に会いに来てくれたのだろうか。


しかしあっという間だった。

3300円に対し、5000円を手渡した私だが、5000円ということを確かめもせず、

さっさとお釣りを返してきた。

信用しているのか、それとも慣れているのか。


再びドアの方向へ導く。なんとかたどり着いた老婆は最後にこう言いのこした。

「わかったわね。ちゃんとご飯を食べるのよ」と。

ここで驚いたことがあった。

老婆の後ろにはだれもいなかったのだ。

まさか一人で来たというのか。

「一人で帰れますか?」などと聞くのは余計なお世話だと感じた私は

最後まで「分かりました」と、そっけない返事を貫いてしまった。


これから私はどんな人と出会うのだろう。

ふと窓の外を見る。
灰色の空から降ってくる涙のような雨が松山を包んでいる。
これから始まる負け犬人生の予兆だろうか。

しかし私は幸せだった。こんな素晴らしい女性と出会えたことが。

一人の女性の愛に包まれ、
私はまた少し成長したような,そんな気がした。

――――――――――完―――――――――――
スポンサーサイト

かけがえのない40分ー前編

8月31日。


電気主任技術者試験を翌日に控えた私は、宿泊先のホテルへと向かった。

ホテルは松山駅近く。手慣れたやり取りでチェックインを済ませ、部屋へ入ると早速最初の一服に火をつける。

当然ホテルでは勉強するつもりだったのだが、そのほかにもやろうと思っていたことがあった。

それは「ビジネスホテルでマッサージを受ける」ことである。

マッサージとは、イメージ通りホテルの有料サービスのマッサージのことであり、それ以上でもそれ以下でもない。

しかし私はそれ以上のことを期待していた。いや、それ以上のことをするつもりでいた。

よくAVで、勃起した一物をみた女がその気になりセックスに至るという企画ものがあるが、

私はそれが現実にあり得るのか試そうとしていたのだ。

机においてあったサービスメニューの一覧に目を配る。真っ先に目が行くのはマッサージの料金。どうやらこのホテルでは40分で3300円らしい。そこから繰り広げられる世界のことを考えると安いにもほどがある。頼まない理由などあるはずがない。


しかし私も25歳。そう簡単に受話器を握るわけもなく、さっそくスマートフォンで下調べを行う。

知恵袋で「ホテル マッサージ」と調べると色々出てくる。

ここには私と同じ考えの人間が多いのだろうか。必要な情報を得るのに時間はかからなかった。

だがその情報の中身は期待を裏切るものばかりだった。

「若い人なんかいませんよ、いても40後半」

「ばばぁだし、しかもへたくそだし、頼むものじゃないですね」

挙句の果てには

「女の人が来てくれるだけでもラッキーだと思わないと」との回答。


これは困った。どうしようか。受話器の前で「考える人」になる。

一体どれくらいの時がたっただろう。そのときふと案を思いつく。

「そうだ、最初から女性にしてくれと言えばいいのだ。ばばぁしかいないと書いてあったが別に構わない。俺の許容範囲は45までだから。まぁそれ以上でも女ならいけないことはないだろう。」


ここまで別の意味で「広い」人間になったのはいつごろだろうか。もともと素人の女性に縁がなかったせいもあるだろうが、学生の頃就活の途中で梅田の成人映画館で観た日活ロマンポルノの影響が大きいかもしれない。今では細川ふみえのヌードの記事が掲載してある週刊誌を今でも後生大事に保管してあるくらいだ。


覚悟を決めたら即行動。さっそくフロントに電話をかける。

「もしもし」

さっき話したばかりの女性の若い声がどこか懐かしく感じるのはなぜだろうか。

「マッサージをお願いしたいのですが、一つ聞きたいことがあります」

「なんでしょうか」

「やってくれるのは女性でしょうか」

「ええそうですよ」


あまりにも早い回答だったのでがっかりした。なんのために悩んだのか。

「では今からお願いします」

「かしこまりました」

一分もかからなかったやりとりを終えた私は、さっそく準備を整えるため有料のアダルトチャンネルを観る。有料なだけあって女優も「優良」ある。その気になるのに5分もかからなかった。

この緊張感は何なのだろうか。ふと脳裏に猪木と坂口が控室で気合いを入れている姿を思い出した。これくらいの緊張だったのだろうか。

などと考えているとドアの近くから声が聞こえる。

「どうも。マッサージに来ました」


とうとう来たか・・・・・


急におじつけついてしまう。どうしようか、このままいないふりをしてしまおうか。

しかしここまで準備態勢に入っておいて今さら引くに引けない状況。よし、今「第3の伝説]を作るときが来たのだ。

おそるおそるドアを開ける。


その瞬間、私は一瞬で凍り付いた。





そこに立っていたのは、自分の母親よりはるかに年上の「老婆」であった。



身体はカチカチに固まっているのに、ご自慢の一物は塩をかけられたナメクジのようにちちこまってしまった。

頼んだものはしょうがない。とにかく中へ入れないと。

急いで落ち着きを取り戻した私は

「どうぞ」と、老婆と化した女性を中へ招こうとした。


・・しかしさっきからなにか様子がおかしい。

部屋の中に入ったものの、なかなかその先へ入ろうとしない。

何をやっているのだ。こっちは早く済ませて帰ってほしいのに。


いら立ちを感じながら後ろを振り返る。


すると私の目には、後ろでパントマイムなのか平泳ぎなのかわからない動きをしてる彼女の姿が映った。


その理由は、次の瞬間発した彼女の一言ですべて分かった。

「えぇと、ベッドはどっちですかね。どっちへ歩けばいいですか」





そう、彼女は全盲だったのだ。

私は二度目の衝撃を受けた。これから40分、彼女とどんな時間を過ごすのか。


「かけがえのない40分ー後編」へ続く  

(意外と書くのがしんどいので不定期更新)


 

すっかり忘れてました。

西成のあいつらにうまい棒を渡すのを忘れていた。
そもそも買ってもいなかった。

仲間1

10円のうまい棒さえあれば彼らと仲良くなれるだけでなく相互リンクも組んでもらええます。これ以上得なことなどあるでしょうか。

しかしその大チャンスを逃してしまった。
彼らは元気にしているだろうか。


話は変わりますが、おかげさまでブログが好調です。

田代まさしさんのランキング
ギャンブル 543位 (昨日:688位) / 12251人中
パチンコ/パチスロ 235位 (昨日:283位) / 3268人中

いつもありがとうございます。
A〇動画まであともうちょっと。
みなさん力を貸してください。


写真は相互リンクを組む予定だった僕の仲間です。
相互リンク 仲間

負け犬紀行~恩師との再会~その3(完)

次に向かったホールはかなり大きく、
一目で大型店舗だと分かるくらいであった。

北斗だけでも40台、いやそれ以上あるだろうか。

私は大型店の雰囲気に圧倒された。

お目当ての羽モノは店の隅っこにぽつんと並んでいた。

羽モノだけでも40台はあるだろうか。これを「ぽつんと」と表現してしまうくらい、かなりのパチンコ台が設置されていた。

当然デビルマンも設置してある。先ほどの店より開いている。

この開き具合に私は一目ぼれし、気づけばもう座っていた。

・・いかん、とりあえずみてもらわないと。

早速師匠の意見を聞く。

「これいい感じに開いてると思うんですけど、どうですかね。」

「たしかに開いてるけど、これはだめだね。マイナス調整だね。」


マイナス調整?思わず耳を疑った。仮にほかのところが悪かってもこれだけ開いてたら大丈夫ではないのか。

「どこらへんがだめなんですか?」

「風車の位置がダメ。風車が真ん中にあると玉が落ちてくれない。こぼれてしまう。これは店のトリックだね。」

私ははっとした。そして自分の釘読みのレベルの低さに愕然とした。

風車、寄り釘が読めない私は、ほとんどを命釘に頼っていたのだ。

一瞬でそれを見透かされてしまった。

私もまた店側の「カモ」だったのだ。

あぁ、情けない。釘の勉強をまた一からやり直しだ。

とりあえず台移動。ほかにいい台はないのか。

先ほどの風車に注意しながら見てみると、かなりシビアになってきた。

もしかして、ここまできて打てる台がない?

なんとか探してみたところ打てそうな台を発見。見たことない羽モノである。

ヤッターマンの羽モノのようだ。釘読み知識の浅い私は、これしか台を選べなかった。

「ちょっとこれ気になるんで打ってみます。」

「その前に大体何回くらい回ればいいか分かってる?」


・・・まったくわかっていなかった。ある程度のスペックは台の横の冊子を見ればわかることなのに、私はそれをしようともしなかったのだ。予備知識も入れずに打つということは、ボーダーラインを把握せずに打つのと一緒である。なんと恐ろしいことをしようとしていたのか。

「まぁこれも500円で7回まわらなかったらやめたほうがいいね。」

わざわざ分析までしてもらった。本当に申し訳ない。

その御恩に答えようと、さっそく打ってみる。

情けないことに5回も回らなかった。

(だめだ。これ以上羽モノを打つことは失礼に値する)。

「ちょっと甘デジの方行ってきます」と告げ、移動することに。


実は羽モノに座る前に他の台も物色していた。お得意?の「CRAスーパー海物語」は大阪でも人気なのか、まだ10台設置してあった。


気になっていた台をさっそく打ってみる。

へそはもう少し欲しいところだが、ほかのところは特にいじった様子もなく、綺麗に入ってくれるのでまあよしとする。

最初の千円は23回。まぁ上出来か。

最初は22、21と平均20は上回っていたが、途中で回転率が落ちたため止め。

他にいい台はないか。すると前から気になっていた台を発見。

「餃子の王将 おかわり」である。

地元ではまだ見たことがなかった。まさかこれが置いてあるとは知らずに、また禁断の果実に手を出してしまった。

さっきみたいな回転率だったらすぐにやめよう。


これが意外と入ってくれた。デビルマンやビッグシューターとは違い、デジパチに近く、打ち方に関しても初心者向けのような気がした。ただ問題が一つ。なかなか当たらない。

入りはいいんだけどなぁ。やっぱりやめよう。


手持ちの金額も考え、最後にしようと座ったのがAKB。

2千円ほど使い、次の千円で止めようと思ったらこれが当たり。

図柄は6。やっぱりラッシュに入らず単発。時計の針は9時を指す。

(もうやめようか。玉を流そう。)

受け取ったレシートには980と表記。カウンターの女性にそれを手渡す。

その若い店員は私に意外な質問を投げかけた。

「タバコはどれにしますか?」

タバコ?お菓子の間違いじゃないのか?タバコなんて頼んでないぞ。

とりあえずあまり好きでないマイルドセブンを選択。

「はい、お菓子もどうぞ。」

今度はお菓子を3つもくれた。なんだこれは。これが晩御飯代わりですってか。

そのお菓子を抱え、奇妙な形をした景品を片手に交換所へ向かう。

(3千円ちょっとかな。)

そこに表示された金額に思わず私は声を上げた。

「あぁん?」

そこには2500円の文字が。3円交換だったのか。しかも換金単位は500円からなんて。

そうだ。ここは大阪だった。換金率が低いことをすっかり忘れていた。

さっきまで「調子がいい」と思って打っていた海はいったい何だったのか。

まぁこれもすべて自分が悪い。この日は反省だらけであった。


羽モノを打っていた師匠に声をかける。

「今日はこれで止めようと思います。」

「そう。じゃあやめるわ。」

「ちなみにいくら使いましたか?」

「2000円ちょっと」


私は感服した。私が何千円も突っ込んでる間2千円しか使っていなかったというのだ。

「これ以上は打たないと決めたら絶対に打たない。」

ということだろうか。

セミプロの台選びというのは専業よりもシビアなのかもしれない。


「じゃあちょっと飲みに行こうか。串カツ屋でいいところあるから。」

これだ。実はこれが楽しみだったのだ。


「今回も色々世話になってしまい申し訳ありません。」

と何度も詫びながら、「これから始まる夜」に胸を躍らせ、次のステージへ案内してもらうのであった。


ーーーーーーーーーーー完ーーーーーーーーーーーーーーーー

負け犬紀行~恩師との再会~ その2

私が求めていた羽モノは大東洋本店を隔てたところにある「大東洋梅田店(28玉交換)」にあった。

これは一本取られてしまった。
ガラス越しに見えるデビルマンたちが「あほかお前は」と私を嘲笑した。

さっそく台を黒板代わりにレクチャーを受ける。
「へそ以外にもみるところはいっぱいあるよ。大事なのはそこに行くまでの過程だから。その上の釘なんか特に重要だね」

なるほど。こういうことは清志塾ではまず教わらない。

上記の点に気を付けながら一緒に台を選んでもらう。
角から2番目の台に決定。うすやんさんはその横に座る。
なんと打っているところを見せてくれるのだ。これはありがたい。


早速打つことに。やはりうまくいかない。上手く羽が玉を拾ってくれないのだ。
みかねたのか再びアドバイスを受ける。

「打ち出すタイミングも大事だね。Vの動きに合わせて適宜止めながら打つといい。打ちっぱなしはもったいないよ。」

「どこをねらって打てば上手く拾ってくれるか探しながら打ってみたらいいね。余裕ができたら横の人の打ち方も見てみるといい。」


なるほど。なんだかわかった気になった。

あとはV入賞を待つばかり。


しかしその期待はすぐに恐怖へと変わった。
デジパチで千円8、9回しか回らなかったときの「いらだち」なんてまだ生ぬるいものである。まだ心に余裕があるのだから。

これは違う。脳から冷や汗が流れる。
(怖い。本当に怖い。なんだ、この金が無くなるスピードは。千円使うのに2分もかからないではないか。)


・・・そのとき、ふとあの悪夢がよみがえった。

「ミリオンゴッドゼウスバージョン」の天井狙いをやったときのことを。

本当に期待値なんてあてにならないものである。

「700から期待値が出てる」
「ゼウスの天井はかなり強力」

この情報を鵜呑みにし、見事に2,3日で10万失ってしまった。

現実は
「コインもちが悪い(3分で千円がなくなる。千円当たり30回も回らない。)」
「ほとんどが50パーセントループで選択されるため、単発で終わることが多い」
など決して甘いものではなかった。


(・・・そうだ。これはあの時俺が打っていたゼウスそっくりだ。あぁ、また俺はあの地獄をみるのか?こんなのこれ以上打ってたら今度は10万なんかではすまないぞ。ギャンブルで失敗し、清志塾に入って失敗し・・・・
今度は何だ?人生の敗北者となるのか!?)


ハンドルを握る手が止まった。とうとう体が打つことを拒否したのだ。

♪デビル、デビル・・・・・・

デビルマンのテーマ曲で目が覚める。

ふと横を見ると先生は既に大当たり。16Rを引いたらしく、箱には1000発あるかないかくらいの出玉ができていた。

「いい感じに回ってる?」

「いやぁなんかダメっぽいです。自分が下手なのもあるんですが。」

「500円で7回回らないならやめたほうがいいよ。」

「そうですか。あと500円あるので回してみます。」

しかし5回しか回らない。再び手が止まる。止まったというより右手は既にハンドルから手を放していた。

「・・・もうでようか。」

気を使ってくれたのか、まだいけるかもしれない台をやめ、うすやんさんは

景品交換場へと向かった。

「これあげる。」

あまり玉で交換したお菓子を差し出してくれた瞬間、私の中のうすやんさんは

「臼木師匠」と変化したのであった。とにかくおいしかったのは覚えている。

調子のいい自分を恥じる時間もなく、次のホール「アロー浪速店」へ案内してもらった。
次に待ち受けているのはさらなる恐怖か、それともかすかな希望か。大阪の夜はまだ終わらない。



負け犬大阪紀行~恩師との再会~ その3 へ続く
プロフィール

田代まさし

Author:田代まさし
高専卒で財閥系重機械工業に入社するが、手取り13万という
大手とは思えない収入。
そんな人生に終止符を打つため、清志塾に加入するも、貯金100万を失ってしまう。。。

清志塾で地獄に落ちた負け犬が形勢逆転を狙います!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
負け犬一押し情報!
amazon
負け犬のアイテム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。